イオンと通販のランドセルはどっちがお買い得?

最近では商品を選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それは子供が使うランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようとしてもメーカーは数十社もあり、どれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンやイオンのかるすぽなどの企業は質が安定して高いです。

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のための「ラン活」のピークの時期とも言われています。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルの平均価格は45000円以上になっていたようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや色や刺繍などのデザインが増えていることが挙げられます。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

皆さんがランドセルを購入する際にどこへ行きますか?イオンのようなショッピングモールや百貨店へ行く人が大半だと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などで現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さはわかっても実際に背負った時に軽く感じるかや丈夫さなどが不明な点が多く6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍などのデザインや細かいこだわりも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。

初めてのことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、ランドセルメーカーの数が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う会社と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はまず間違いないです。

次にオススメするのは販売のみ行う会社です。

別業界の有名ブランドの製品がこの部類に当てはまります。

工場側が作れる製品しか作れないので革新的な製品が作れないからです。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない部分を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下のデッドスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが使わなくなってしまうランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう人も多かったですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性が良いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てられず押入れに入れておくよりもかと言って押入れに入れておいても邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど財布などにして買ってくれた親族にプレゼントする人も多いようです。

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所や施設などに寄付する流れがありましたね。

寄付する気持ちとは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは使う本人希望のものを選ばせたい」という話もあるように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象のきっかけとなった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と話しており子供達の支援が広がるきっかけになればいいなというところが本当の思いだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?大半の方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル本体のデザイン性が高まり見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーの需要も増えてきています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、女子の場合はかわいいワンポイントデザインのあるものも通販サイトやイオンで人気のようです。

参照:http://www.motomessut.com/faq/ion.html

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルは価格に幅がありますがいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた知り合いのアドバイスによると予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

その中でもできるだけ安く購入したいという場合は工房系・国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使われたものや少し傷がついたものもあれば、一部工房系ブランドではキャンセル品などが出品されていることがあります。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

親になり自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら機能面やデザインで何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さが重視ています。

ここでいう軽さとはランドセル本体ではなく背負った時に軽く感じるかです。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほぼ選ぶ余地がなかったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気はあります。

確かにここ数年、水色やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

毎年種類の増えているランドセルですが来年入学する子供を持つ親御さんはランドセルをもう決めましたか?まだ決めていない人の多くはおそらく夏休みのうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

女の子向けのトレンドでは王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが非常に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

ランドセルと聞いてイメージするようなシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスなどのブランドロゴが付いたランドセルがあるんですね。

運動が好きな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の情報を調べると学習院モデルではしっかりとした箱型でそのため国内製造している日本メーカの製品と傷がつきにくく汚してもお手入れが簡単なようです。

反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

ロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで背負いやすいように設計されています。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能限度数などがあるため早めに注文されることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

今年のランドセルは基本的にはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどのメタリックカラーから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けでは水色や紫が人気でしたがブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

ラン活をするにあたってイオンのようなショッピングセンターやデパートの売り場などに出かけると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

店頭に行った際に注意したいのが丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量ではなく背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

背負った時のフィッテイング感などから軽いと感じるかということを指します。

6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。