東京スター銀行のおまとめローンのみんなの審査って?

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

多重債務者の為に提供されているおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

引用:東京スター銀行おまとめローン審査評判は?評価高い?【申込流れ】

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。