今のプロバイダに変更しましたが失敗したみたいです

このプロバイダのほうがお金がかからないといわれて、今のプロバイダに換えたのですが、失敗したなと思っています。
確かに、価格はかなり金銭的負担が減りました。
でも、ネットにつながらなくなるっことが頻繁に起こったり、回線速度が低下してしまったりで、今のプロバイダはストレスが溜まるのです。
安易にプロバイダを光乗り換えてしまったなと、悔やむ気持ちです。
フレッツwi-fiが接続できない場合は、いったんすべての装置の電源を消していちから接続し直してみると良いでしょう。
そうしてみても接続できない場合には初期設定をひとつひとつ見直してみましょう。
顧客サービスに電話してみれば分かりやすく説明してくれますが、あまり繋がらないのがネックです。
一度契約したフレッツのクーリングオフをしたいときには、契約の内容が記載された書類を受け取った日から1週間と1日以内であれば書類を用いることで無条件に申込みを無かったことにすることができます。
光乗り換える時には、自分が住んでいる地域が光回線を使うことが出来るエリアなのか真っ先に調べる必要があります。
フレッツは有無を言わせぬ勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいという方も多くいるといえます。
クーリングオフができないときは、解約にかかるお金を支払ったとしても解約したいと願う人もいます。
光回線でインターネットをすることで、代表的なものとしてあげられるYoutubeなど動画サイトもスムーズに観る事ができるようになるのです。
遅い回線では途切れた状態の動画になったり、大きなファイルを送るのにタイムロスになりますので光のような高速回線を推奨します。

インターネットプロバイダーの引越しはどうするの?【手続きの違い】