FXでスワップとは?

FXにおいてスワップというのは、外貨の購入のために借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差額のことを指します。
スワップと略称されることも多いですが、正確な専門用語では、スワップ金利及びスワップポイントという名が付いています。
このスワップ金利は、日々変わっており、その通貨を持っている限り受け取りができます。
外国為替証拠金取引で使用されるテクニカル指標として数多くの方が活用されているのがいわゆるボリンジャーバンドです。
トレンドの規模とトレンドの方向が視覚的に分かりやすく、トレンドが出現したらエクスパンション(バンド拡大)が出現するので、トレンドフォローのトレードに最適です。
さらに、バンドの収れんはトレンド終了の兆候として利用することができます。
FX投資の場合は、移動平均線をはじめ、MACDやストキャスティクスなど複数のラインを用いたテクニカル指標を使って専門的な分析を行うことが少なくないです。
それらのいくつものラインが下限の位置で、下から上へ交差する現象をゴールデンクロスと言い、買いエントリーするタイミングを決断するのに、用いています。
FX投資を初めてする方も記憶にとどめておいたほうがいいでしょう。