カロリー計算ナビ - 正しく量って健康体にTOP > 食品別の数値 > ダイエット食品の場合

ダイエット食品の場合

 

体重を落とすためには、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすかのどちらかが一番確実な方法ですよね。

 

ですが、消費カロリーというのは、運動や基礎代謝量から算出しなくてはいけないので、決まったスポーツをしているならともかく、普段の生活から消費カロリーを算出するのは難しいものです。

だから、カロリーコントロールをしてダイエットをする場合には、摂取カロリーを控える方が簡単という事になります。

 

摂取カロリー計算は、食べた物のカロリーを調べれば算出できるし、今はネットでいろんなカロリー計算ツールがあります。

 

ただし、普通の食事というのは、カロリー計算ツールを使っても作る時の調味料の違いや量に違いがあるので、正確な摂取カロリーを計算出来ないというのが実情です。

 

特に、外食なんかをしてしまうと油分や糖分が多いので、カロリー計算ツールで表示されているカロリーよりも絶対摂取カロリーが増えてしまってるはずです。

 

なので、正確な摂取カロリーを計算するためには、何と言ってもダイエット食品を利用することが一番だと思いますね。

 

ダイエット食品ならカロリー表示されているので、組み合わせて食べても簡単に摂取カロリー計算が出来てしまいます。

 

今では1食置き換えダイエットが流行っていますが、確かに1食分の摂取カロリーをかなり低く抑えれば、その他の食事の分の摂取カロリーにはある程度幅が出せますよね。

 

普通の食材や料理のカロリー計算をするよりも、ダイエット食品の摂取カロリー計算は正確なので、多いに活用したいものですね。

おすすめサイト

お嬢様酵素ダイエットの口コミは?効果を検証!【私の結果暴露】

 

食品別のカロリー記事一覧

お菓子の場合

ダイエットの大敵と言えば、高カロリーな食事はもちろんですが、小腹がすいた時につい手を出してしまうお菓子もかなりの大敵ですよね。元々私はお菓子が大好きで、若い時はご飯の代わり...

ごはん・おにぎりの場合

一時期「炭水化物抜きダイエット」という、ご飯や麺類、パンなどの主食を抜くダイエットが流行ったことがありましたよね。主食を抜けばいいという単純なものだったので、私もすぐに実践...

ダイエット食品の場合

体重を落とすためには、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすかのどちらかが一番確実な方法ですよね。ですが、消費カロリーというのは、運動や基礎代謝量から算出しなくてはい...