誰でも簡単にできるカロリー計算の方法とは?

 

あなたは、毎日の食生活に気をつかっていますか?スポーツ選手やダイエッター、ヘルシー志向の方や糖尿病の方については、日々カロリー計算をして食事に含まれる脂質や糖質の摂取量をコントロールしている人が多いですよね。日々の体調をしっかりと管理する為には、カロリー計算は欠かせないものだと思います。

 

ですが、自分が食べる物一つ一つを調べたりするのは結構面倒で途中で挫折してしまったり、カロリー計算の方法自体もよく分からないという方は意外と多いですよね。そこで、こちらではそんな方にぜひお勧めしたいカロリー計算の方法があるので、試してみてはいかがでしょうか。誰でも簡単に行なえる方法なので必見ですよ。

 

現代の日本は、食の欧米化によって高脂肪なジャンクフードを食べる方が増加しています。コンビニに行けばすぐにおにぎりやお弁当、お菓子が食べられる環境はすごく便利なものですが、近年その影響で増えているのがメタボ体型の方や糖尿病患者。それは、運動等による消費kcalよりも、食事からの摂取kcalの方がはるかに多い状態ですね。

 

そもそも、私たちの身体には最低限必要な摂取量があります。それは、人それぞれ年齢や体重、ライフスタイルや運動消費量によって異なるものですが、どんな人でも摂りすぎが良くない事はもちろん、摂らなさすぎても決してカラダに良くありません。そこで、摂取量と消費量をコントロールする為のカロリー計算が必要というわけですね。

 

最近では、誰でも簡単に算出できるソフトが数多くあって、ネット検索すると色々なソフトがヒットします。一つ一つの食材から量るソフトや、出来上がった料理ごとに量るソフトなど様々なソフトがあります。無料のソフトも多くありますが、自分に合ったソフトで行なうのが長続きするポイントですね。しかし、それらカロリー計算ソフトを使った方法で食事の熱量を量ることは、あくまでも摂取量を減らす事に過ぎません。

 

肝心なのは、消費量を増やすことも重要な事なんです。ウォーキングや自転車に乗るなど、どんな方法でもカラダを動かす事で消費量は増えます。ただし、いくら運動したからと言って、その正確な消費量が分からなければ把握できませんよね。そんな時は、消費量の目安を記載したサイトや算出ソフトがあるので、それら消費カロリー計算ソフト等を活用してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、カロリー計算が誰よりも必須とされるのが糖尿病患者です。年々増える糖尿病には完全に治す治療方法が無く、糖尿病独自の徹底した食事管理が重要になります。糖尿病の場合、生命活動に最低限必要な適正エネルギー量に抑えなくてはいけないので、今では多くの糖尿病患者がソフトを利用したりしています。ですが、出来ることなら糖尿病になる前に食事内容に気を付けたいものですね。

 

近年では、カロリー計算ソフトの開発によって計測が簡単になっただけでなく、あらゆる食品にkcal表示がされるようになっています。持ち運び便利な本を数多く出版しているので、色々な方法を活用してみる事をお勧めします。また、画期的な電子レンジも開発されているので、それを利用するというのも一つの手ですね。色々と試してみてヘルシーライフを送りましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

カロリーとは?


あなたはダイエットを行なっていますか?

 

私はダイエットを志して色んなサイトを調べているんですが、結局は「摂取カロリーを減らす」「消費カロリーを増やす」というのが王道ですよね。

減量アイテムは星の数ほどあるけど、どんなヘルシーフードも運動グッズも、すべては摂取量と消費量をコントロールするためのものだと思います。

 

例えば、ジャンクフードは数値が高い=食べ過ぎると太る、というのが方程式のようになっていますよね。

 

ですが、よく考えると摂りすぎたらどうして太るのかが分かりませんでした。

 

フライドポテトを食べ過ぎたとしても、フライドポテト自体はもともとジャガイモだし、それがどうしてお肉になってしまうのかというのは素人には難しい話です。

 

そこで、そもそもカロリーって何?ということで調べてみました。

 

人間というのは、食べ物から得るエネルギーによって生きていくことが出来るものです。

 

エネルギーの単位はcalという表示で表されて、一般的にはkcalという表示になります。

 

1calは気圧が1の状態のとき、14.5度のお水1gを1度上げるための熱量というのが定義ですが、もっと簡単に言うと1kcalは1Lのお水を1度上げられる熱量です。

 

この熱量というのがカロリーで、それだけの働きを体の中で行うということが燃焼というものになるんですね。

 

だから、摂取する熱量と消費する熱量というのは、体の中の余分な脂肪を燃焼することに深く関係するという事になります。

 

1日の必要摂取量とは?


どんなにダイエットの為にカロリー計算をして摂取量を減らすとしても、生きていく為には必須なものであって、適性な摂取量というものがあります。

 

ただし、1日に必要な量は人それぞれ違うので、ただ摂取量を極端に低くしたからといって健康的に痩せられるということはないそうです。

例えば、最低でも1日に1800kcal必要な人が1300kcalしか摂らない生活を続ければ、病気を引き起こしてしまったり、お腹の贅肉はなくならないのに胸だけ痩せてしまう事があります。

 

なので、健康的に痩せるためには、まずは自分自身の生活で1日に必要な摂取量を調べる事が大事ですね。

 

これを知るためには、まずは自分の適性体重を知らなくてはいけません。

 

適正体重というのは、病気をせずに健康のまま暮らしていく事が出来る体重の目安で、これを計算することが先決です。

 

そして、自分の毎日の行動を振り返ってどのくらい消費しているか、生活活動強度による数値というものをきちんと把握しましょう。

 

適正体重×数値をカロリー計算すれば、1日に必要な摂取量が算出できます。

 

この「1日に必要な摂取量」というのは生きていくために不可欠な量の事ですが、同時にダイエッターにとっては、それ以下に摂取量を減らすというボーダーラインとなっています。

 

なので、出来ればこのボーダーラインを超えないようにカロリー計算するか、超えてしまった場合はその分運動をする方法をとれば、健康的に体のラインを保ったままダイエット出来ますよ。

ランニングやウォーキングを取り入れたカロリー計算の方法は?

痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。

食べないダイエットは確実に痩せますが、体にとっては、悪影響もでてきます。

私は生理が来なくなってしまいました。

排卵がストップして、婦人科で薬を処方してもらって治しました。

最初から頑張りすぎると長続きしないということが経験から分かりました。

実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも違いが出てきます。

有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと結果がでないとされてきましたが、今は何度かにわけても20分を超える時間を運動していれば効能があるといわれています。

それとは別に、筋トレのほとんどは酸素を利用しない運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことで効果をよりアップさせることが、良い結果を生むはずです。

健康目的で歩くことによって注意するダイエットは、続けて必ず40分以上歩く事です。

ウォーキングのような酸素をとり入れる運動で、脂肪が燃焼するのは、大体、開始から約30分たってからです。

10分や20分ウォーキングするくらいでは、脂肪を燃やすことはできず、ダイエットのできばえかかなり薄くなってしまうので、注意する事が大事です。

どうしても避けられないのが体重の減少が停滞してしまう時期です。

こんな状態の時にどうすればいいのかと言うと、そのままダイエットを諦めてしまう人もいますが、着実につづけるのが秘訣です。

もし、身体を動かしていないのなら、食事だけでもカロリーに気を配ったり、食事に注意しないのなら、運動だけでも持続しましょう。

体重を減らす為に朝食を抜くのは体に良くないので、必ず食べる方が効果的です。

カロリーを心配する場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトに変えて食べるといいです。

他にも、加熱調理した野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌の調子も良くなります。

栄養のあるバナナを朝ご飯にしてもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。

痩せる決意をしたその瞬間が、一番意気込みに満ち溢れているといえるでしょう。

痩せる為には、その痩せるぞという気構えをいつまでも持続させることが肝要です。

最初にマジで頑張りすぎると頓挫しやすくなってしまうので、ゆるく取り掛かりましょう。

ダイエットが継続できないという場合は、ダイエットの成功例を聞いてみるのが良いでしょう。

インターネットなどで見かける記事などは信憑性に欠けると思うので、機会があるならば身近な方のエピソードを直接聞いてみるといいでしょう。

成功した実体験に触れることで意志を固めることができます。

私が痩せたいと思った時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉量を増加してからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し速足でウォーキングを少なくとも30分は行いました。

これを、毎日続けることで、2か月の間に5キロ以上の体重を落とすことに成功しましたが、続けるのは、中々大変困難でした。

ダイエットできる食事のイメージは脂肪分や糖分が少ないものが連想されやすいですが、私の個人的な経験をふまえると、塩分が控えめの食事がとても効果を感じやすかったと思います。

特に、下半身の脂肪が気になっている人は、まず減塩を行ってみることをお薦めしたいです。

食事制限をしたくないし、運動する時間も取れません。

私が困っていた時、いい物との出会いがあったのです。

痩せるお茶と出会ったのです。

食べないダイエットではお肌や、髪にも悪影響を及ぼす場合があるので、最低限度の、必要なカロリーを補給しながら、痩せるお茶を飲んで、リバウンドすることなく美しく痩せることができました。

ダイエットを成功させるためには有酸素の運動と筋トレです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレで使われているのは速筋という筋肉です。

遅筋は筋が肥大しにくく、マッチョな見た目にならないです。

遅筋と速筋を両方鍛えると、素敵なスタイルに少しづつですが近づくと思います。

年齢に伴い次第に身体がたるんできました。

減量するためには運動と食事の管理が一番だとは思いつつなかなか時間が設けられずに実行できませんでしたが、長い時間を隔てて体重計にのってみてはっとしたんです。

手始めに無理なく運動をするために、日々の交通手段を歩きに変えることから始めてみました。

これで少しでも細くなると嬉しいです。

出産をしてから、たるんだおなかを元通りにするために、ダイエットと合わせて人生初体験の筋力トレーニングをしました。

100%母乳で子供を育てていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。

おかげで、半年ぐらいでほぼ以前のような体型に返り咲くことができました。

ダイエットを失敗させないためにはエアロビクスプログラムが欠かせません。

長時間かけて行う軽中度負荷運動により体内の残存している脂肪が燃えさかるので、たるんだ部分を引き締める事ができます。

実際、タフな筋肉トレーニングをやっている人もいますが、これはハードで三日坊主になる場合もありがちになってしまいますよね。

若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、少し食べ過ぎて体重が増加しても時が経てば元に戻ることがよくあるものです。

けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝力が衰え、エネルギーの消費量も落ちるので、何もしなかった場合太りやすい体になります。